• R/O
  • HTTP
  • SSH
  • HTTPS

lfsja-git: Commit

lfsja-git


Commit MetaInfo

Revisão0c82dc9a20c5c1e7850b02870fe80f7474c32830 (tree)
Hora2022-04-22 19:39:42
Autormatsuand <30614168+matsuand@user...>
Commitermatsuand

Mensagem de Log

[lfsja-git] r11.1-92 対応。

Mudança Sumário

Diff

--- a/configure
+++ b/configure
@@ -4737,7 +4737,7 @@ fi
47374737
47384738
47394739
4740-TARGETVER=r11.1-84
4740+TARGETVER=r11.1-92
47414741 if test "x$revspec" = "xsystemd"; then
47424742 TARGETVER="$TARGETVER-systemd"
47434743 fi
--- a/src/chapter01/jchangelog.ch
+++ b/src/chapter01/jchangelog.ch
@@ -50,6 +50,17 @@
5050
5151 -->
5252 <listitem>
53+ <para>2022-04-22</para>
54+ <itemizedlist>
55+ <listitem>
56+ <para>[matsuand] -
57+ r11.1-92 (<ulink url="&lfs-changeset;93db1e614">93db1e614</ulink>) までの対応。
58+ </para>
59+ </listitem>
60+ </itemizedlist>
61+ </listitem>
62+
63+ <listitem>
5364 <para>2022-04-19</para>
5465 <itemizedlist>
5566 <listitem>
--- a/src/chapter02/stages.ch
+++ b/src/chapter02/stages.ch
@@ -118,12 +118,11 @@
118118 <para>A few operations, from <quote>Changing Ownership</quote> to
119119 <quote>Entering the Chroot Environment</quote> must be done as the
120120 <systemitem class="username">root</systemitem> user, with the LFS
121- environment variable set for the
122- <systemitem class="username">root</systemitem>user.</para>
121+ environment variable set for the &root; user.</para>
123122 @y
124123 <para>
125124 <quote>所有者の変更</quote>から<quote>Chroot 環境への移行</quote>までの操作は、<systemitem class="username">root</systemitem> ユーザーで行います。
126- LFS 環境変数が <systemitem class="username">root</systemitem> ユーザーにおいて設定されている必要があります。
125+ LFS 環境変数が &root; ユーザーにおいて設定されている必要があります。
127126 </para>
128127 @z
129128
--- a/src/chapter03/packages.ch
+++ b/src/chapter03/packages.ch
@@ -16,6 +16,38 @@
1616 @z
1717
1818 @x
19+ <para>Read the <ulink url='&secadv;'>security advisories</ulink>
20+ before downloading packages to figure out if a newer version of any
21+ package should be used to avoid security vulnerabilities.</para>
22+@y
23+ <para>
24+ パッケージをダウンロードする前には <ulink
25+ url='&secadv;'>セキュリティアドバイス</ulink>(security advisories)を読んでください。
26+ セキュリティぜい弱性を回避するためにパッケージの最新バージョンがないかどうかを確認してください。
27+ </para>
28+@z
29+
30+@x
31+ <para>The upstreams may remove old releases, especially when these
32+ releases contain a security vulnerability. If one URL below is not
33+ reachable, you should read the security advisories first to figure out
34+ if a newer version (with the vulnerability fixed) should be used. If
35+ not, try to download the removed package from a mirror. Although it's
36+ possible to download an old release from a mirror even if this release
37+ has been removed because of a vulnerability, it's not recommended to
38+ use a release known to be vulnerable for building your system.</para>
39+@y
40+ <para>
41+ アップストリームでは、古いリリースを削除していることがあります。
42+ 特にそのリリースにセキュリティぜい弱性を含んでいた場合です。
43+ 以下に示す URL が無効になっていたら、まず初めにセキュリティアドバイスを読んでください。
44+ そして新たなバージョンが(ぜい弱性を解消して)入手できるかどうかを確認してください。
45+ それでもパッケージが削除されてしまっている場合は、ミラーサイトからのダウンロードを試してみてください。
46+ ぜい弱性が原因で削除されていた古いバージョンのパッケージがダウンロードできたとしても、ぜい弱性に問題があるのであれば、システムビルドに用いることはお勧めしません。
47+ </para>
48+@z
49+
50+@x
1951 <para>Download or otherwise obtain the following packages:</para>
2052 @y
2153 <para>
@@ -164,21 +196,6 @@
164196 <para>&Homepage;: <ulink url="&expat-home;"/></para>
165197 <para>&Download;: <ulink url="&expat-url;"/></para>
166198 @z
167-@x
168- <para>The upstream may remove tarballs of the specific releases of
169- <application>Expat</application> when these releases contain a
170- security vulnerability. You should refer to
171- <ulink url='&lfs-root;lfs/advisories/'>LFS security advisories</ulink>
172- to figure out which version (with the vulnerability fixed) should
173- be used. You may download the vulnerable version from a mirror,
174- but it's not recommended.</para>
175-@y
176- <para>
177- <application>Expat</application> のアップストリームでは、リリースにあたってセキュリティぜい弱性が含まれていた場合には、そのリリース tarball を削除することがあります。
178- したがって <ulink url='&lfs-root;lfs/advisories/'>LFS セキュリティアドバイザリー</ulink> を参照して、どのバージョンが(ぜい弱性を修正して)利用できるかを確認してください。
179- ぜい弱性を含むものであってもミラーサイトから入手できるかもしれませんが、これはあまりお勧めしません。
180- </para>
181-@z
182199
183200 @x expect
184201 <para>Home page: <ulink url="&expect-home;"/></para>
--- a/src/chapter04/addinguser.ch
+++ b/src/chapter04/addinguser.ch
@@ -118,12 +118,12 @@
118118
119119 @x
120120 <note><para>In some host systems, the following command does not complete
121- properly and suspends the login to the lfs user to the background. If the
122- prompt "lfs:~$" does not appear immediately, entering the
121+ properly and suspends the login to the &lfs-user; user to the background.
122+ If the prompt "lfs:~$" does not appear immediately, entering the
123123 <command>fg</command> command will fix the issue.</para></note>
124124 @y
125125 <note><para>
126- ホストシステムによっては、以下のコマンドを実行しても正常に処理されず、lfs ユーザーへのログインがバックグラウンドで処理中のままとなってしまうことがあります。
126+ ホストシステムによっては、以下のコマンドを実行しても正常に処理されず、&lfs-user; ユーザーへのログインがバックグラウンドで処理中のままとなってしまうことがあります。
127127 プロンプトに "lfs:~$" という表示がすぐに現れなかった場合は、<command>fg</command> コマンドを入力することで解決するかもしれません。
128128 </para></note>
129129 @z
--- a/src/chapter07/cleanup.ch
+++ b/src/chapter07/cleanup.ch
@@ -224,14 +224,14 @@
224224
225225 @x
226226 <warning><para>The following commands are extremely dangerous. If
227- you run <command>rm -rf ./*</command> as the root user and you
227+ you run <command>rm -rf ./*</command> as the &root; user and you
228228 do not change to the $LFS directory or the <envar>LFS</envar>
229- environment variable is not set for the root user, it will destroy
229+ environment variable is not set for the &root; user, it will destroy
230230 your entire host system. YOU ARE WARNED.</para></warning>
231231 @y
232232 <warning><para>
233233 以下に示すコマンドは相当に危険です。
234- root ユーザーになって <command>rm -rf ./*</command> を実行する際に、$LFS ディレクトリに移動していない、あるいは環境変数 <envar>LFS</envar> を設定していないとしたら、システム全体を破壊することになります。
234+ &root; ユーザーになって <command>rm -rf ./*</command> を実行する際に、$LFS ディレクトリに移動していない、あるいは環境変数 <envar>LFS</envar> を設定していないとしたら、システム全体を破壊することになります。
235235 厳に警告しておきます。
236236 </para></warning>
237237 @z
--- a/src/chapter07/introduction.ch
+++ b/src/chapter07/introduction.ch
@@ -48,14 +48,14 @@
4848 <para>Until <xref linkend="ch-tools-chroot"/>, the commands must be
4949 run as <systemitem class="username">root</systemitem>, with the
5050 <envar>LFS</envar> variable set. After entering chroot, all commands
51- are run as root, fortunately without access to the OS of the computer
51+ are run as &root;, fortunately without access to the OS of the computer
5252 you built LFS on. Be careful anyway, as it is easy to destroy the whole
5353 LFS system with badly formed commands.</para>
5454 @y
5555 <para>
5656 <xref linkend="ch-tools-chroot"/> まで、コマンドの実行は <envar>LFS</envar> を設定した上で、<systemitem
5757 class="username">root</systemitem> ユーザーにより行う必要があります。
58- chroot 環境に入っても、コマンドはすべて root 実行ですが、もう安心です。
58+ chroot 環境に入っても、コマンドはすべて &root; 実行ですが、もう安心です。
5959 LFS を構築しているコンピューター上の OS にはもうアクセスしないからです。
6060 かと言ってコマンド実行を誤れば、簡単に LFS システムを壊してしまうことになりますから、十分に注意してください。
6161 </para>
--- a/src/chapter08/bash.ch
+++ b/src/chapter08/bash.ch
@@ -71,14 +71,14 @@
7171 @z
7272
7373 @x
74- <para>The testsuite of the package is designed to be run as a non-root
74+ <para>The testsuite of the package is designed to be run as a non-&root;
7575 user that owns the terminal connected to standard input. To satisfy the
7676 requirement, spawn a new pseudo terminal using
7777 <application>Expect</application> and run the tests as the <systemitem
7878 class="username">tester</systemitem> user:</para>
7979 @y
8080 <para>
81- 本パッケージのテストスイートは、非ルートユーザーが実行するものとされていて、利用する端末が標準入力に接続できているものとしています。
81+ 本パッケージのテストスイートは、非 &root; ユーザーが実行するものとされていて、利用する端末が標準入力に接続できているものとしています。
8282 この仕様を満たすためには、<application>Expect</application> を使って新たな疑似端末を起動します。
8383 そして <systemitem
8484 class="username">tester</systemitem> ユーザーとしてテストを実行します。
--- a/src/chapter08/coreutils.ch
+++ b/src/chapter08/coreutils.ch
@@ -145,11 +145,11 @@ autoconf-2.70 に含まれている gnulib .m4 ファイルの問題を修正し
145145 @z
146146
147147 @x
148- <para>Fix some of the permissions so that the non-root user can compile and
149- run the tests:</para>
148+ <para>Fix some of the permissions so that the non-&root; user can
149+ compile and run the tests:</para>
150150 @y
151151 <para>
152- 特定のファイルのパーミッションを変更して root ユーザー以外でもコンパイルとテストができるようにします。
152+ 特定のファイルのパーミッションを変更して &root; ユーザー以外でもコンパイルとテストができるようにします。
153153 </para>
154154 @z
155155
--- a/src/chapter08/python.ch
+++ b/src/chapter08/python.ch
@@ -118,6 +118,34 @@
118118 @z
119119
120120 @x
121+ In LFS and BLFS we normally build and install Python modules with the
122+ <command>pip3</command> command. Please take care that the
123+ <command>pip3 install</command> commands in both the books should be
124+ run as the &root; user unless it's for a Python virtual environment.
125+ Running a <command>pip3 install</command> as a non-&root; user may seem
126+ to work fine, but it will cause the installed module to be inaccessible
127+ by other users.
128+@y
129+ LFS や BLFS においては通常、Python モジュールのビルドとインストールには <command>pip3</command> コマンドを用いています。
130+ この両ブックにおいて実行する <command>pip3 install</command> コマンドは、Python 仮想環境内でない場合には &root; ユーザーで実行するようにしてください。
131+ &root; ユーザー以外によって <command>pip3 install</command> を実行しても問題なく動作するように見えるかもしれませんが、インストールしたモジュールが別のユーザーからはアクセスできない事態を作り出してしまいます。
132+@z
133+
134+@x
135+ <command>pip3 install</command> will not reinstall an already installed
136+ module by default. For using the <command>pip3 install</command>
137+ command to upgrade a module (for example, from meson-0.61.3 to
138+ meson-0.62.0), insert the option <parameter>--upgrade</parameter> into
139+ the command line. If it's really necessary to downgrade a module or
140+ reinstall the same version for some reason, insert
141+ <parameter>--force-reinstall</parameter> into the command line.
142+@y
143+ <command>pip3 install</command> はデフォルトでは、すでにインストールされているモジュールを再インストールすることは行いません。
144+ <command>pip3 install</command> コマンドを使ってモジュールのアップグレードを行う(たとえば meson-0.61.3 から meson-0.62.0 にするような場合)には、コマンドラインに <parameter>--upgrade</parameter> オプションを含めてください。
145+ またモジュールのダウングレードや再インストールが必要となる理由が確実にあるのであれば、コマンドラインに <parameter>--force-reinstall</parameter> を含めて実行してください。
146+@z
147+
148+@x
121149 <para>If desired, install the preformatted documentation:</para>
122150 @y
123151 <para>
--- a/src/chapter08/util-linux.ch
+++ b/src/chapter08/util-linux.ch
@@ -49,10 +49,10 @@
4949 @z
5050
5151 @x
52- <para>If desired, run the test suite as a non-root user:</para>
52+ <para>If desired, run the test suite as a non-&root; user:</para>
5353 @y
5454 <para>
55- 必要なら root ユーザー以外にて、以下のようにテストスイートを実行します。
55+ 必要なら &root; ユーザー以外にて、以下のようにテストスイートを実行します。
5656 </para>
5757 @z
5858
--- a/src/chapter10/kernel.ch
+++ b/src/chapter10/kernel.ch
@@ -305,13 +305,13 @@
305305 @x
306306 <para>If the host system has a separate /boot partition, the files copied
307307 below should go there. The easiest way to do that is to bind /boot on the
308- host (outside chroot) to /mnt/lfs/boot before proceeding. As the root
309- user in the <emphasis>host system</emphasis>:</para>
308+ host (outside chroot) to /mnt/lfs/boot before proceeding. As the
309+ &root; user in the <emphasis>host system</emphasis>:</para>
310310 @y
311311 <para>
312312 ホストシステムが独立した /boot パーティションを用いている場合はファイルをそこにコピーします。
313313 これを簡単に行うために、作業前に(chroot 前の)/boot をホストの /mnt/lfs/boot にバインドしておく方法があります。
314- <emphasis>ホストシステム</emphasis> の root ユーザーとなって以下を実行します。
314+ <emphasis>ホストシステム</emphasis> の &root; ユーザーとなって以下を実行します。
315315 </para>
316316 @z
317317
--- a/src/chapter11/reboot.ch
+++ b/src/chapter11/reboot.ch
@@ -92,11 +92,11 @@
9292 @x
9393 <listitem><para>Installing <ulink
9494 url='&blfs-book;postlfs/sudo.html'>sudo</ulink> may be useful for
95- building packages as a non-root user and easily installing the resulting
96- packages in your new system.</para></listitem>
95+ building packages as a non-&root; user and easily installing the
96+ resulting packages in your new system.</para></listitem>
9797 @y
9898 <listitem><para><ulink
99- url='&blfs-book;postlfs/sudo.html'>sudo</ulink> をインストールすれば、ルートユーザー以外であっても、パッケージビルドとインストールを容易に行うことができます。
99+ url='&blfs-book;postlfs/sudo.html'>sudo</ulink> をインストールすれば、&root; ユーザー以外であっても、パッケージビルドとインストールを容易に行うことができます。
100100 </para></listitem>
101101 @z
102102
--- a/version.ac
+++ b/version.ac
@@ -2,4 +2,4 @@ dnl
22 dnl This is part of LFSbookja package.
33 dnl
44 dnl m4-include this file to define the current LFS version
5-m4_define([lfs_version], [r11.1-84])
5+m4_define([lfs_version], [r11.1-92])
Show on old repository browser