活動再開します
2019-12-18 22:18 (by megumi_engines)

大変お待たせしました。 LÖVE Wiki の翻訳作業が落ち着きましたので、本日よりNimの翻訳活動を再開します。ただし、本日はPCの調子が悪いため、活動再開の報告と今後の運営方針をメモとして残しておきます。

達成目標

Nim 1.04の時点で付属ドキュメントは183ファイルあります。これを2020年06月までに仮訳完了まで持っていく関係で、月間で30〜40ファイルの仮訳完了とします。

ワーストケースは、どんなに遅くとも2021年01月くらいまでには仮訳が終わるようにします。

配布方法

翻訳データ形式とニュース形式で作業を進めていきます。

翻訳データは、扱いやすいOmegaT(翻訳メモリと用語集)とDokuwiki形式での提供を予定しております(Jekyll, Sphinxは考えていません)。どちらも手軽にオンラインとオフラインでの利用ができ、各種ファイル形式への変換もしやすいです。

また、ニュース形式での提供も考えております。内容としては迷惑にならない程度の対訳データ提供、翻訳者の愚痴、または原文を読む上での便利な用語集を用意できたらと考えております。

なお、原作はhtml形式+αです。ライブラリリファレンスはライブラリソースのコメントから抽出している関係で、扱いづらく作業効率が効率が悪いです。この 形式での配布は予定しておりません。ご了承ください。

後任の育成

LÖVEのときもそうですが、オープンソース翻訳は一個人に負担が重くのしかかります。なんど心が折れたか数え切れません。ホント。

現役の方も含め、悲劇を繰り返すわけには行かないので、当プロジェクトでは最初から後任の育成も視野に入れております。

成果物の二次利用について

現時点で、このプロジェクトはスポンサーはおりませんし、私個人は機材や金銭面での支援を受けておりません。

また、正確さは保証できませんので、成果物を勝手に出版したり、販売するようなことは固くお断りさせていただきます。必ず事前報告をお願いします。

当然...ですが。 私は、いつでも辞める用意があります。そして、オープンソース翻訳において後継者は容易に見つからないことを経験則として釘を刺させていただきます。

普段、仕事で技術者を怒鳴り散らしているかたは失礼の無いよう、くれぐれもご注意を……。

以上です。

プログラミング言語 Nim 日本語版 (非公式) project news list