Download List

Sponsored link

Projeto Descrição

Projectの概要

JSPカスタムタグをベースとした、Webアプリケーションフレームワークです。
SQLの知識さえあれば、データのCRUD操作をメインとした業務システムが 簡単に構築することができます。

このフレームワークは、村田機械株式会社の基幹システムを構築するために 開発され、全ての基幹システムは、これを利用して構築し、稼動しています。

(基本機能)
・ユーザー管理         ・認証・アクセス制御
・多言語対応          ・Excel入出力機能
・ガントチャート表示、編集機能 ・定型帳票作成、発行機能
・定型メール送信機能      ・データベース定義管理機能
・バッチ処理機能

各種詳細情報及びドキュメントについては、openGion@Websiteを参照して下さい。


Java を含む標章は、米国 Sun Microsystems, Inc.の商標であり、同社のJava ブランドの技術を使用した製品を指します。
Excel は、Microsoft Corporationの米国及びその他の国における登録商標です。
コンテンツ中に記載された社名および製品名は、すべて各社の商標または登録商標です。

System Requirements

System requirement is not defined

Liberado: 2013-02-01 14:03
opengion 5.6.1.0 (3 files Esconder)

Release Notes

5.6.1.0 (2013/02/01)
[IE用ダミーinput出力]
IEではtextタイプのinputが1つの場合エンターキーでのsubmitに問題があり、display:noneのダミーinputを
配置する必要があります。
writeCheckタグとqerutyButtonでこのダミーinputを自動出力できるようにします。
初期値はシステムリソースのUSE_DUMMY_INPUTで、falseです。
ダミーinputのname属性はHYBS_DUMMY_NPUTです。
外部CSSファイルが利用できない端末を考慮してdisplay:noneはstyle属性で直接指定していますが、
trueに設定する場合はdisplay:noneそのものが利用できない端末に注意して下さい。
hayabusa.common.SystemData#USE_DUMMY_INPUT
hayabusa.taglib.WriteCheckTag#doStartTag()
hayabusa.taglib.WriteCheckTag#release2()
hayabusa.taglib.WriteCheckTag#getDummyInput()
hayabusa.taglib.WriteCheckTag#setUseDummy( final String flag )
hayabusa.taglib.QueryButtonTag#doEndTag()
hayabusa.taglib.QueryButtonTag#release2()
hayabusa.taglib.QueryButtonTag#getDummyInput()
hayabusa.taglib.QueryButtonTag#setUseDummy( final String flag )
hybstaglib.tld

[DirectWriteTableの修正]
コメント上はフォルダ自動作成機能があると書いてありますが、実際には対応されていませんでした。
writeTalbeタグ同様の処理を行って自動作成します。
hayabusa.taglib.DirectWriteTableTag#getPrintWriter()

[iGantBar修正]
以下の修正を行います。
(1)type=1の時にstartとendが同一日で、VZOOMが時間系の場合に表示されない不具合に対応。
(2)type=0の時にHH24MMSS形式で指定すると表示されないため、12桁目入力時は12桁目までを利用するように対応。
(3)日付指定のスラッシュ、コロン、スペースは自動的に省く
jsp\common\option\adjustGantTable.js

[edit機能修正]
edit機能で小計/合計を計算する際にdouble型で扱っていたため、小数の値を計算すると誤差が発生していました。
この合計機能の計算をBigDecimal型に置き換える事で、10進数として正確な値を出力するようにします。
hayabusa.db.DBTableModelEditor#addGroupRows( final ResultSet result, final int[] types, final int skipRowCount, final int maxRowCount
, final boolean[] sumFilter, final boolean[] groupFilter )
hayabusa.db.DBTableModelEditor#addTotalRows( final int maxRowCount, final ResourceManager resource, final boolean[] sumFilter
, final boolean[] groupFilter, final boolean[] subTotalFilter, final boolean[] totalFilter )
hayabusa.db.DBTableModelEditor#addRow( final boolean[] keyFilter, final String[] keyVals, final int keyCount
, final boolean[] sumFilter, final BigDecimal[] sumVals, final int aRow )
hayabusa.db.DBTableModelEditor#addRow( final boolean[] keyFilter, final String[] keyVals, final int keyCount
, final boolean[] sumFilter, final BigDecimal[] sumVals )
hayabusa.db.DBTableModelEditor#addRow( final boolean[] keyFilter, final String keyVal, final int keyCount
, final boolean[] sumFilter, final BigDecimal[] sumVals, final int aRow )

[entry,columnSet関連]
指定する日付には、単位を付与することができるようにします。
単位は、yyyyMMddHHmmss 形式の1文字を指定します。大文字、小文字も識別します。
plus="5M" とすれば、5か月、plus="5d" とすれば、5日 追加します。
plus に単位を付けない場合は、tani に指定の単位を使います。
plus そのものが、null か、isEmpty の場合は、加算は、1 になります。
fukurou.util.HybsDateUtil#getDatePlus( final String baseDate,final String plus,final int defTani,final String format )
plugin/column/DBType_DATE#valueAdd( final String value,final String add )
plugin/column/DBType_HMS#valueAdd( final String value,final String add )
plugin/column/DBType_YMD#valueAdd( final String value,final String add )
plugin/column/DBType_YMDH#valueAdd( final String value,final String add )

[ViewForm_ImageTimeBar]
ViewForm_ImageTimeBar で、『tips や link は、ひとつ前のデータで作成する必要がある』処理で、
表示開始が、データより後ろの場合、ひとつ前のデータが存在しないため、java.lang.ArrayIndexOutOfBoundsException
となるので、データが存在しない一番最初だけ、処理しない様に変更します。
plugin.view.ViewForm_ImageTimeBar#create( final int startNo, final int pageSize )

[jFreChart関連]
時間軸を持つチャート処理を追加します。
hayabusa.io.ChartFactory#newDataset( final Connection conn,final String query,final String type )
hayabusa.io.ChartFactory#newChartPlot( final String type )
hayabusa.io.HybsTimeSeriesCollection.java 新規作成
hayabusa.io.HybsTaskSeriesCollection.java 新規作成
hayabusa.io.ChartPlot_Time.java 新規作成
hayabusa.io.ChartPlot_XYTime.java 新規作成
jsp/GF6120/typeOption.jsp TimeSeries関連の選択肢追加
jsp/GF6120/query.jsp 検索BOXの位置変更
新規対応
TimeSeriesLineV
TimeSeriesLineH
TimeSeriesBarV
TimeSeriesBarH
StackedTimeSeriesLineV
StackedTimeSeriesLineH
ClusteredXYBarV
DeviationV
XYBarV
YIntervalV

Time,XYTime Polt関係の時間軸を表す場合のフォーマットを指定できるように属性を追加します。
日付フォーマットは、java.text.SimpleDateFormat で使われる yyyy/MM/dd HH:mm:ss 表記です。
初期値は、"MM/dd" です。
hayabusa.io.ChartCreate#setDateAxisFormat( final String dtFormat )
hayabusa.io.ChartCreate#getDateAxis()
hayabusa.taglib.ChartCreateTag#release2()
hayabusa.taglib.ChartCreateTag#create()
hayabusa.taglib.ChartCreateTag#setDateAxisFormat( final String dtFormat )
gf\WEB-INF\hybs-taglib.tld
gf\src\META-INF\hybs-taglib.tld
jsp/GF6120/query.jsp dateAxisFormat属性を追加

jfreechart-1.0.14.jar に対応する jcommon の最新版が、jcommon-1.0.18.jar なので、
置き換えます。
C:\opengion\apps\jdk170u10\jre\lib\ext 下のフォルダへコピーします。
同時に、jcommon-1.0.17.jar (旧版)を削除します。

5.6.0.3 (2012/01/24)
[DB定義DB関連]
INDEX項目登録時に、_UQ をプライマリキーに、_LUQ をユニークキーとして設定
jsp/GF2060/dbdefIn.jsp
DB作成スクリプトの出力先フォルダに、SYSTEM_ID の階層を追加
jsp/GF2140/result.jsp
<og:value command="SET" key="BASE_DIR" value="{@SYS.REAL_PATH}{@SYS.FILE_URL}{@USER.ID}{@TYPE}" />

<og:value command="SET" key="BASE_DIR" value="{@SYS.REAL_PATH}{@SYS.FILE_URL}{@USER.ID}/{@SYSTEM_ID}{@TYPE}" />

[ソース自動作成機能]
ソースが作成途中のようだったので、動作するように修正
jsp/GF2250/result.jsp
jsp/GF2250/update.jsp

[カレンダー登録画面]
jsp:text の削除と、繰返し登録(repeatCount)の追加
jsp/GF6100/result.jsp copy.jsp

[JSON形式のファイル出力]
TableWriter に JSON 形式のファイルを出力できるように機能追加します。
これは、iPad等のデータ通信に使います。
key属性に設定できる値に、"JsonName","LowerCase" を追加します。
plugin/io/TableWriter_JSON.java 新規作成
hayabusa/taglib/WriteTableParamTag.java key属性追加
hayabusa/taglib/WriteTableTag.java コメントのみ修正
jsp/GF7020/getjson.jsp サンプルJSP

[BizLogic関連]
BizLogicで、DBTableModelへの書き戻し機能を追加します。
hayabusa/taglib/BizLogicTag#execute() 書き戻し機能追加
fukurou/business/ArrayTableModel#getModifyVals() 新規作成
fukurou/business/ArrayTableModel#setValues( final String[] vals, final int row )
fukurou/business/AbstractBizLogic.java コメント修正
fukurou/business/BizLogic_TABLE.java コメント修正

[accesskey の設定方法]
ショートカット(ALT+Fなど)の設定で、"" ゼロ文字列を指定した場合は、accesskey を
指定しない様に修正します。
これは、accesskey を表示したくないケースで使います。
hayabusa/taglib/SubmitTag#makeTag()

その調査中に見つけた、非常に細かい修正です。
hayabusa/taglib/QueryButtonTag#setAccesskey( final String accsKey )
hayabusa/taglib/QueryButtonTag#setClearAccesskey( final String accsKey )

[columnSet,entryタグの action="ADD" の機能追加]
columnSet タグで、action="ADD" は、+1 する機能として用意されていますが、
好きな値だけ加算できなかったので、value="X" に加算したい数を設定できるようにします。
ただし、従来のすべての処理で、加算可能にするのは、手間なので、主に、数字、日付系の
DBType にだけ、実装します。
未実装のクラスは、エラーを出力するようにします。
hayabusa/taglib/EntryTag#actionExec( final String action,final String clmId,・・・
hayabusa/taglib/ColumnSetTag.java コメントのみ修正
hayabusa/db/DBColumn#valueAdd( final String value,final String add )
hayabusa/db/DBType#valueAdd( final String value,final String add )
hayabusa/db/AbstractDBType#valueAdd( final String value,final String add )
plugin/column/DBType_DATE#valueAdd( final String value,final String add )
plugin/column/DBType_HMS#valueAdd( final String value,final String add )
plugin/column/DBType_R#valueAdd( final String value,final String add )
plugin/column/DBType_S9#valueAdd( final String value,final String add )
plugin/column/DBType_YM#valueAdd( final String value,final String add )
plugin/column/DBType_YMD#valueAdd( final String value,final String add )
plugin/column/DBType_YMDH#valueAdd( final String value,final String add )

[YYYYMM 形式の整合性チェック]
DBType_YM で、日付形式のチェックを行います。
従来は、数字のみチェックされていましたが、月の整合性(01~12)まで見ていませんでした。
ただし、000000 や 999999 だけは、例外として許可します。
同時に、範囲チェックを、DBTypeCheckUtil.rangeCheck で行うように修正しました。
hayabusa/db/DBTypeCheckUtil#rangeCheck( final String value ,final char minCh ,final char maxCh )
plugin\column\DBType_YM#valueCheck( final String key ,final String value , 専用チェック追加
plugin\column\DBType_DATE#valueCheck( final String key ,final String value ,
plugin\column\DBType_HMS#valueCheck( final String key ,final String value ,
plugin\column\DBType_YM01#valueCheck( final String key ,final String value ,
plugin\column\DBType_YM31#valueCheck( final String key ,final String value ,
plugin\column\DBType_YMD#valueCheck( final String key ,final String value ,
plugin\column\DBType_YMDH#valueCheck( final String key ,final String value ,

[queryの入力値変換]
query画面で、DBTypeのクラスに従って特定の文字を削除する機能を追加します。
S9,R:カンマ削除
PN :ハイフン削除
YM,DATE系:スラッシュ削除
HMS :コロン削除
をfocusout時に行います。
このスクリプトはeventScriptより前にイベントをセットさせます。
(リアルタイムチェックの前に動作させるため)
jsp\common\queryScriptPre.js
hayabusa.taglib.HeadTag#doEndTag()

[edit画面修正]
readonly引数をtab.jspからも渡すようにします。
jsp\common\14_EDIT\tab.jsp

5.6.0.2 (2012/01/19)
[Edit画面機能向上]
1) Edit画面ではカラム名が表示される幅が固定でしたが、
Windowサイズに従って広がるようにします。
但し、最低サイズは今までと同じにします。
2) 登録ボタン押し下げ付加パターンの引数を与えられるようにしておきます。
readonly=trueでcallする事で登録ボタンをdisabledにします。
jsp\common\14_EDIT\edit.js
jsp\common\14_EDIT\result_CLMSEQ.jsp

[fileUDタグの修正]
fileUDタグでedit機能のカラム編集機能の表示をコントロール可能にします。
clmEdit=falseの指定で、edit内のカラム編集タブを非表示とします。
hayabusa.taglib.FileUDTag#setClmEdit( final String type )
hayabusa.taglib.FileUDTag#setClmEdit( final String type )
hybs-taglib.tld

5.6.0.1 (2012/01/11)
[ヘッダリンク修正]
タイトル部分にリンクが重なってしまうため、10px程度あけるようにします。
又、5.6.0.0で一部適用が漏れていた部分の修正をしています。
jsp\common\default.css

[{@DATE.xxx}修正]
5.5.7.2の対応で、引数が無い場合に時分秒を取得しておらず、000000となっていました。
時分秒を出すように修正します。
hayabusa.taglib.CommonTagSupport#getDateFormat( final String value )

[ColorPicker修正]
色選択のカラーピッカーはjQueryのプラグイン形式で作成していますが、
jQueryそのものを後から上書きされた場合はプラグインが消失し、JavaScriptエラーが発生します。
オブジェクトへのプラグインセット前に、存在するかどうかをチェックします。
又、念のためプラグイン名にOgを付加しておきます。
jsp\common\eventScript.js#simpleColorPickerOg

Changelog

No Changelogs