Download List

Sponsored link

Projeto Descrição

Projectの概要

JSPカスタムタグをベースとした、Webアプリケーションフレームワークです。
SQLの知識さえあれば、データのCRUD操作をメインとした業務システムが 簡単に構築することができます。

このフレームワークは、村田機械株式会社の基幹システムを構築するために 開発され、ほぼ全ての基幹システムは、これを利用して構築し、稼動しています。

(基本機能)
・ユーザー管理         ・認証・アクセス制御
・多言語対応          ・Excel入出力機能
・ガントチャート表示、編集機能 ・定型帳票作成、発行機能
・定型メール送信機能      ・データベース定義管理機能
・バッチ処理機能

各種詳細情報及びドキュメントについては、openGion@Websiteを参照して下さい。


Java を含む標章は、米国 Sun Microsystems, Inc.の商標であり、同社のJava ブランドの技術を使用した製品を指します。
Excel は、Microsoft Corporationの米国及びその他の国における登録商標です。
コンテンツ中に記載された社名および製品名は、すべて各社の商標または登録商標です。

System Requirements

System requirement is not defined

Liberado: 2016-10-07 11:05
opengion 5.9.13.0 (4 files Esconder)

Release Notes

5.9.13.0 (2016/10/07) 6.5.0.0 (2016/09/30) 同名のvalue値とリクエスト変数では、リクエスト変数が上位なので、value値を取り出したい場合に使用します。({@VAL.xxx}) hayabusa.taglib.CommonTagSupport#getReservedValue(String key)

5.9.12.4 (2016/09/30) シート指定修正 ExcelのシートNO指定で、ハイフンとアスタリスクが正しく動作しない場合があるので修正します。 今までこの機能は英字に対応していましたが、そのため1桁の処理が正しく動作していなかったため、英字対応をやめます。 (6.2.6.0 (2015/06/19)のV5への反映) fukurou.util.StringUtil#csv2ArrayExt( final String csvData , final int maxNo ) fukurou.util.StringUtil#csv2ArrayExt2( final String csvData , final int maxNo )

5.9.12.3 (2016/09/23) 時間ピッカー機能追加 スクリプトに秒(00固定)付きで値を返すような機能を付加しました。 usesecond属性でtrueを指定した場合に付加されるようにしておきます。 エンジンのパラメータからの指定は5つ目のパラメータで指定します plugin.column.Editor_HM#createOptions( final String editPrm ) jsp/common/eventScript.js#ogClockpicker simpleMenuの修正 今までの書き方ではog:text内でマルチセッションエラーが出た場合に内容が出力されないため、 simpleMenuの書き方を修正します。 jsp/menu/simpleMenu.jsp

5.9.12.2 (2016/09/16) HTML5用ポップアップ修正 スクロール時のドラッグ移動処理が正しくなかったので修正します。 同時にスムーズ化、冗長処理の削除を行います。 jsp/common/option/html5modalDialog.js

5.9.12.1 (2016/09/09) カラムの不要文字削除 queryConvert.jsではfocusOut時に動作させる設定を入れている。 しかし、初期セットされた値に対してはそのままでは動作しないため、検索時にエラーが発生する場合がある。 本来はsubmit時に変換をかけた方がユーザには分かりやすいかもしれないが、とりあえず初期セットに対して focusOut時と同じロジックを走らせる。 jsp/common/queryConvert.js Excel出力の改善 Excel追記モードで、シートにデータを上書きする設定(sheetOverwrite)を追加します。 また、書込み完了後に指定シート(recalcSheetName)の内容を再計算させる事が出来るようにします。 (これを行わないと、シートの位置によって計算されたりされなかったりする) これにより、雛形ファイルに追記する事で、出力したデータを利用した集計を別シートで行う事が可能になります。 hayabusa.taglib.WriteTableTag#release2() hayabusa.taglib.WriteTableTag#create( final PrintWriter out ) hayabusa.taglib.WriteTableTag#setSheetOverwrite( final String flag ) hayabusa.taglib.WriteTableTag#setRecalcSheetName( final String sheet ) hayabusa.io.TableWriter#setSheetOverwrite( final boolean flag ) hayabusa.io.TableWriter#setRecalcSheetName( final String sheet ) hayabusa.io.AbstractTableWriter#setSheetOverwrite( final boolean flag ) hayabusa.io.AbstractTableWriter#setRecalcSheetName( final String sheet ) plugin.io.TableWriter_Excel#setSheetOverwrite( final boolean flag ) plugin.io.TableWriter_Excel#setRecalcSheetName( final String sheet ) plugin.io.TableWriter_Excel#writeDBTable() hybs-taglib.tld

Changelog

No Changelogs