From 18 Jan, 2021 0:00 UTC: All services will be temporary unavailable for maintenance

Fóruns: 開発者 (Thread #25066)

2010年1月以降の英訳作業予定 (2010-01-08 06:11 by yamma-ma #47796)

今月末か2月上旬に0.5.6を公開できればと考えています。少なくともクリッピングパス対応がありますので、その説明を英訳する作業が今後発生すると考えてください。

あとWebサイトの方を日本語版と同等の内容に更新しなければならないところですが、どの箇所を海外向けに修正するか、または省略するか、といったあたりの作業が進んでいないのでまだお願いできる段階にはありません。

詳細は後日このスレッドにポストします。

RE: 2010年1月以降の英訳作業予定 (2010-01-12 17:05 by muscovite #47849)

翻訳作業の件、了解しました。
詳細が決まり次第作業を開始したいと思います。
Responder a #47796

0.5.6のドキュメント (2010-02-13 13:18 by yamma-ma #48550)

0.5.6のベータ版を公開しました。添付ドキュメントはミスがない限り確定となりますので、英訳のアップデートをお願いします。

参考までに、ファイルの差分をペーストしておきます。


--- C:/Users/yam/AppData/Local/Temp/readme.jp.txt-rev217.svn000.tmp.txt 土 2 13 13:09:16 2010
+++ C:/Users/yam/AppData/Local/Temp/readme.jp.txt-rev243.svn000.tmp.txt 土 2 13 13:09:16 2010
@@ -37,7 +37,7 @@
----- 動作要件
このプラグインを動作させるには、LittleCMSの1.15以降が必要です。
添付のWindowsバイナリはPentium IIIまたは互換CPU向けにビルドされています。
-動作確認は、Windows版 GIMPのバージョン2.6.7で行いました。
+動作確認は、Windows版 GIMPのバージョン2.6.8で行いました。


----- 用意しておくもの
@@ -186,9 +186,10 @@
ウを閉じて構いません。

最後に、分解結果をファイルに書き出しましょう。分解画像のウインドウのメニ
-ューより、画像->Separate->書き出し...を選択します。環境設定で指定された
-プロファイルまたは分解の際に使用したプロファイルを埋め込むことができます
-(印刷業者に入稿する画像には、プロファイルを埋め込まないのが一般的です)。
+ューより、画像->Separate->書き出し...を選択します。
+ファイル名を入力し、保存ボタンをクリックすれば完了です。このとき、プロフ
+ァイルの埋め込みやクリッピングパスの選択を行うことができます。
+※印刷業者に入稿する画像には、プロファイルを埋め込まないのが一般的です


----- デバイスリンクプロファイルを使った色分解
@@ -273,6 +274,20 @@
と、拡張子を元にファイル形式を決定して書き出しを行います(不明な場合
はTIFF形式が選択されます)。

+ 圧縮を使用
+ オンにするとTIFFではLZW圧縮が、Photoshop PSDではPackBits圧縮が行われ
+ ます。
+ JPEGの場合は、オンにすると圧縮率優先の設定で、オフにすると画質優先の
+ 設定で圧縮処理が行われます(オフでLosslessモードになるわけではありま
+ せん)。
+
+ クリッピングパス
+ クリッピングパスとして使用するパスを選択します。クリッピングパスが有
+ 効になっていると、パスの外側がマスクされ、背面のオブジェクトが表示・
+ 印刷されるようになります。
+ いくつかのアプリケーション(例えばScribus)では、ページに画像を配置
+ した後でクリッピングパスを再指定することが可能です。
+
プロファイルを埋め込み
ファイルに埋め込むICCプロファイルを選択します。埋め込む必要がなければ、
なしを選択してください。
@@ -280,14 +295,7 @@
設定で指定されているプロファイルを埋め込みます。分解時のプロファイル
は、色分解の際に使用したプロファイルを埋め込みます。

- 圧縮を使用
- オンにするとTIFFではLZW圧縮が、Photoshop PSDではPackBits圧縮が行われ
- ます。
- JPEGの場合は、オンにすると圧縮率優先の設定で、オフにすると画質優先の
- 設定で圧縮処理が行われます(オフでLosslessモードになるわけではありま
- せん)。

-
----- 環境設定との連動
separateプラグインは、ダイアログの初期値を環境設定より取得します。プラグ
インの項目と、環境設定の項目との対応は次の通りです。


--- C:/Users/yam/AppData/Local/Temp/readme_icc_colorspace.jp.txt-rev211.svn000.tmp.txt 土 2 13 13:10:07 2010
+++ C:/Users/yam/AppData/Local/Temp/readme_icc_colorspace.jp.txt-rev268.svn000.tmp.txt 土 2 13 13:10:07 2010
@@ -26,29 +26,28 @@


----- 使い方
+1.カラースペース(プロファイル)の割り当て
+
画像にカラースペースの割当てを行うには、その画像のメニューより、画像→モ
ード→カラースペースの割り当て...を選択します。

-ダイアログが開いたら、環境設定のRGBスペースと揃えるには「RGB作業スペース」
-を、それ以外の任意のプロファイルを指定するには「プロファイル」をクリック
-します。「割り当てなし」を選択すると、現在割り当てられているプロファイル
-を破棄します。
+ダイアログが開いたら、RGB作業スペース(カラーマネジメント環境設定の「RGB
+プロファイル」)または任意のプロファイルを指定してください。現在割り当て
+られているプロファイルを破棄する場合には「割り当てなし」を選択します。

-「プロファイル」を選んだ場合、次に隣のボタンをクリックし、割り当てるプロ
-ファイルを選択してください。
+※任意のプロファイルを指定するには、プロファイル名が表示されているボタン
+をクリックして一覧から選択するか、プロファイルのファイルアイコンをそのボ
+タンにドロップします。

-以上が済んだら、OKボタンをクリックして割り当てを実行します。
+以上が済んだら、OKボタンをクリックして割り当て(破棄)を実行します。


-画像のカラースペースを変換するには、その画像のメニューより、画像→モード
-→カラースペースの変換...を選択します。
+2.カラースペースの変換

-ダイアログが開いたら、環境設定のRGBスペースへの変換では「RGB作業スペース」
-を、それ以外の任意のプロファイルを使用して変換するには「プロファイル」を
-クリックします。
+画像のカラースペースを(他のRGBスペースに)変換するには、その画像のメニ
+ューより、画像→モード→カラースペースの変換...を選択します。

-「プロファイル」を選んだ場合、次に隣のボタンをクリックし、変換先カラース
-ペースのプロファイルを選択してください。
+ダイアログが開いたら、変換先カラースペースのプロファイルを指定します。

次に、レンダリングインテントを選択します。通常は「知覚的」または「相対的
な色域を維持」がよいでしょう。これらを選択したのであれば、「黒点の補正を
@@ -65,9 +64,28 @@
以上が済んだら、OKボタンをクリックして変換を実行します。


-詳しくは、Photoshopの解説書やカラーマネジメントの解説書を参照してください。
+3.抽象プロファイルの適用

+抽象プロファイルは、Lab(CIE L*a*b*)空間上での色変換を行うプロファイル
+で、一般的には色に関わる効果や補正を適用する用途で使われます。抽象プロフ
+ァイルをサポートするアプリケーションはあまり見かけることがありませんが、
+ColorSyncユーティリティーや、Photoshop CS4以降で使うことができます。

+Mac OS Xにはいくつかの抽象プロファイルがインストールされています。また、
+Separate+のZIPファイルにもサンプルのプロファイルが同梱されています。
+
+icc_colorspaceプラグインを用いて抽象プロファイルを使用するには、画像のメ
+ニューより、色→抽象プロファイルの適用...を選択します。
+
+ダイアログで抽象プロファイルと適用対象を指定し、OKをクリックします。アク
+ティブレイヤー全体に適用したい場合は選択を解除した状態で、適用対象を選択
+範囲にしてください。
+
+
+icc_colorspaceプラグインの機能や動作内容の詳細は、Photoshopの解説書やカ
+ラーマネジメントの解説書を参照してください。
+
+
----- ビルド・インストールについて
Separate+のreadmeに記載の手順・注意事項に準じますので、そちらを参照して
ください。
@@ -78,7 +96,6 @@
いでしょう:p

・デバイスリンクプロファイル対応
-・抽象プロファイル対応
・簡易的な抽象プロファイル作成ツール
・ICM2.0のCMMを使用した変換(Windows)

Responder a #47796

RE: 0.5.6のドキュメント (2010-02-15 08:56 by muscovite #48604)

作業の件、了解いたしました。
Responder a #48550

RE: 0.5.6のドキュメント (2010-02-24 12:23 by yamma-ma #48870)

Separate+ 0.5.6のRC版に更新済みの英語ドキュメントを入れたいので、(ファイルごとに)作業が終わり次第こちらに送ってください。

あと、万が一にも不明な点・判断に迷う点があって時間がかかっているのでしたら、こちらにもその事を投げるようにお願いします。
Responder a #48604

RE: 0.5.6のドキュメント (2010-02-24 17:05 by muscovite #48886)

0.5.6のドキュメントをメールで送信します。
Responder a #48870

Webサイトの英訳対象分 (2010-02-20 04:28 by yamma-ma #48753)

英訳が必要なファイルをZIPに固めてアップロードしました。
http://sourceforge.jp/projects/separate-plus/downloads/45080/separate-plus_web_0.5.6.zip

ファイル中の日本語になっている部分を書き換えていただければと思います。
作業済みのファイルはメールで送っていただいても、どこかファイル共有サービスを利用していただいても結構です。あるいは、必要であれば当プロジェクトのダウンロードページへのアップロード権限を一時有効にしますのでその旨お知らせください。

締め切りは特にありませんが、時間がかかるようでしたら適当なところで作業状況の報告をしていただくか、作業の済んだファイルからこちらへ戻していただけると助かります。
Responder a #47796

RE: Webサイトの英訳対象分 (2010-02-24 17:05 by muscovite #48885)

返事が遅くなり申し訳ありません。
作業が終わり次第、完成分から順次お送りいたします。
Responder a #48753