From 18 Jan, 2021 0:00 UTC: All services will be temporary unavailable for maintenance

Fóruns: 開発者 (Thread #26018)

0.5.7向けの英訳作業 (2010-04-12 15:12 by yamma-ma #50024)

本日0.5.7のベータ版を公開しました。ドキュメント・Webのチェックと更新を進めていきますので、近いうちに英訳をお願いすることになるかと思います。

RE: 0.5.7向けの英訳作業 (2010-04-14 20:55 by muscovite #50071)

了解しました。
そのつもりで準備しておきます。
Responder a #50024

RE: 0.5.7向けの英訳作業 (2010-04-17 00:33 by yamma-ma #50116)

とりあえず、添付ドキュメントの分をお願いします。
以下は0.5.6からの差分です。+で始まる行を訳していただければ結構です。
結果はこのメッセージへの返信の本文中に記載しても構いませんし、メールで送っていただいても結構です。
残りは土日のうちに指示できるようにしたいと思います。

--- readme.jp.txt-rev243.svn000.tmp.txt 土 4 17 00:21:28 2010
+++ readme.jp.txt-rev339.svn000.tmp.txt 土 4 17 00:21:28 2010
@@ -245,6 +245,14 @@
RGB=0,0,0のピクセルについて、Kを100%に置き換えます(CMYは通常の変換結
果とおおよそ同じ値になります)。

+ ディザを使用
+ 変換結果が8ビット整数で表現しきれない値となるピクセルをディザ処理で
+ 近似します。グラデーションにバンディングが発生する場合などに使用する
+ と、改善することがあります。
+ ※このオプションはLittle CMS バージョン1.18の機能に依存しているため、
+ バージョン1.17以前のLittle CMSライブラリがインストールされている環境
+ では効果がありません。
+
CMYK擬似コンポジットを作成
通常分解結果はグレースケールのレイヤーに出力されますが、チェックを入
れておくことで色付きのレイヤーに出力することができます。分解後に修正
@@ -369,16 +377,18 @@
iccbutton.cにプロファイル選択ダイアログの検索パスを設定する箇所がありま
す。

+・バージョン1.17以前のLittle CMSのヘッダファイルを使用してビルドすると、
+ ダイアログ上で「ディザを使用」のオプションを選択できなくなります。
+ ※1.18以降のヘッダファイルを使用するとオプションの選択は可能になります
+ が、ランタイムライブラリのバージョンが1.17以前の場合にはディザ処理は使
+ 用できません。
+
・GIMP2.2用にビルドする場合は、Makefile内の"-DENABLE_COLOR_MANAGEMENT"を
削除するか、あるいは"make CM="というようにマクロCMを空にしてください。
この場合、いくつかの機能は無効になります。
注:GIMP2.2サポートはバージョン0.5.3を最後に打ち切られました。0.5.4以
降のバージョンではGIMP2.2向けにビルドできない可能性があります。

--- readme_icc_colorspace.jp.txt-rev268.svn000.tmp.txt 土 4 17 00:23:04 2010
+++ readme_icc_colorspace.jp.txt-rev339.svn000.tmp.txt 土 4 17 00:23:04 2010
@@ -57,6 +57,9 @@
ョンです。他のアプリケーション、カラー変換モジュールと同様の変換結果を得
るには(2)でない方を選択します。

+「ディザを使用」は変換結果にバンディングが生じるような場合に試してみると
+よいでしょう。
+
最後に、必要に応じて「画像を統合」にチェックを入れます。カラースペースの
変換は、各レイヤーのピクセル値が変わるため、レイヤーの合成結果に影響を与
えます。その影響が無視できない場合には画像を統合することをお勧めします。
Responder a #50071

RE: 0.5.7向けの英訳作業 (2010-04-17 15:46 by muscovite #50129)

了解しました。
完成し次第お送りいたします。
完成した際には、メッセージへの返信の形でお送りすることになると思います。
Responder a #50116

RE: 0.5.7向けの英訳作業 (2010-04-20 21:32 by muscovite #50185)

添付ドキュメントの分が完成しましたのでお送りします。

追加分の件についても了解しました。
後日お送りいたします。
____________________________

--- readme.jp.txt-rev243.svn000.tmp.txt 土 4 17 00:21:28 2010
+++ readme.jp.txt-rev339.svn000.tmp.txt 土 4 17 00:21:28 2010
@@ -245,6 +245,14 @@
RGB=0,0,0のピクセルについて、Kを100%に置き換えます(CMYは通常の変換結
果とおおよそ同じ値になります)。

Use dithering
It approximates pixels whose conversion result value cannot be expressed by an 8-bit integer with dithering.
When gradation with banding is generated, use dithering and the problem may be remediated.
*Because this option depends on the function of Little CMS version 1.18, it is not effective in the environment where the Little CMS library of version 1.17 or earlier is installed in.

CMYK擬似コンポジットを作成
通常分解結果はグレースケールのレイヤーに出力されますが、チェックを入
れておくことで色付きのレイヤーに出力することができます。分解後に修正
@@ -369,16 +377,18 @@
iccbutton.cにプロファイル選択ダイアログの検索パスを設定する箇所がありま
す。

-Building with the header file of Little CMS version 1.17 or earlier disables the option of "Use dither" on the dialogue.
*Using the header file of version 1.18 or later enables the option choice. In case the version of runtime library is 1.17 or earlier, dithering processing is disabled.

・GIMP2.2用にビルドする場合は、Makefile内の"-DENABLE_COLOR_MANAGEMENT"を
削除するか、あるいは"make CM="というようにマクロCMを空にしてください。
この場合、いくつかの機能は無効になります。
注:GIMP2.2サポートはバージョン0.5.3を最後に打ち切られました。0.5.4以
降のバージョンではGIMP2.2向けにビルドできない可能性があります。

--- readme_icc_colorspace.jp.txt-rev268.svn000.tmp.txt 土 4 17 00:23:04 2010
+++ readme_icc_colorspace.jp.txt-rev339.svn000.tmp.txt 土 4 17 00:23:04 2010
@@ -57,6 +57,9 @@
ョンです。他のアプリケーション、カラー変換モジュールと同様の変換結果を得
るには(2)でない方を選択します。

If the conversion result contains banding, it is good way to try "Use dither" option.

最後に、必要に応じて「画像を統合」にチェックを入れます。カラースペースの
変換は、各レイヤーのピクセル値が変わるため、レイヤーの合成結果に影響を与
えます。その影響が無視できない場合には画像を統合することをお勧めします。
Responder a #50116

RE: 0.5.7向けの英訳作業 (2010-04-21 16:50 by yamma-ma #50198)

実ファイルに反映し、リリース候補版を公開しました。
正式リリース日を今月末日に設定しましたので、その前日を目安に進めていただけると助かります。
Responder a #50185

0.5.7向け追加分 (2010-04-18 16:17 by yamma-ma #50150)

お疲れ様です。

Webページ用の分ですが、分量的に多くないのでこちらに直接書いておきます。
あと、差し支えなければリリースノート(http://sourceforge.jp/projects/separate-plus/releases/46785/note)の英訳もお願いします。
いずれも、このメッセージへの返信としてポストしていただく形で構いません(他の方法が都合よければ、その方法でも結構です)。


* dialogs.en.html

Use dither
変換結果が8ビット整数で表現しきれない値となるピクセルをディザ処理で近似します。グラデーションにバンディングが発生する場合などに使用すると、改善することがあります。

Rendering intent/Use BPC algorithm
画像のカラースペースとPCS(LabまたはXYZ空間)との間で行われる変換における色域のマッピング方法を選択します。

* history.en.html

Version 0.5.7
* "色分解"、"カラースペースの変換"、"抽象プロファイルの適用"でディザ処理に対応
* separate : "色分解"のダイアログをfull(擬似コンポジット)とlight(グレースケール)とで分けるビルドオプションを廃止
* separate : "デバイスリンクプロファイルを使用"にチェックが入っているとき、プロファイルを「なし」にできないようにした
* separate : "書き出し"ダイアログのボタン配置が逆になっていたのを修正
* separate : "書き出し"ダイアログを縦に伸ばすと無駄なスペースが生じるのを修正
* icc_colorspace : "抽象プロファイルの適用"でレンダリングインテントの指定を可能にした
* icc_colorspace : 変換処理が選択範囲の影響を受けてしまう問題を修正
* UI : 各ダイアログをAlternative button order対応にした
* UI : ダイアログ上のラベルにアクセラレータキーを設定
* UI : ダイアログをtransientに設定(X Window環境ではプラグインのダイアログがドキュメントウインドウに関連付けられる)
* IccButton : プロファイルのDescriptionのエンコーディングが不明な(UTF-16BEでもUTF-8でもない)場合、現在のロケールのエンコーディングであるとみなすようにした
* プロシージャの引数を見直し
* sRGBプロファイルを差し替え


注)引用符で括ってある箇所はメニュー項目やダイアログなどの表記です(引用符そのものは区別のために追加したものですので、必ずしも使わなくて結構です)

「色分解」→「Separate」 「カラースペースの変換」→「Convert colorspace」
「抽象プロファイルの適用」→「Apply abstract profile」
「書き出し」→「Export」
「デバイスリンクプロファイルの使用」→「Use devicelink profile」
Responder a #50071

RE: 0.5.7向け追加分 (2010-04-25 16:56 by muscovite #50275)

完成分をお送りします。
宜しくお願いします。
_________________________________
* dialogs.en.html

Use dither
It approximates pixels whose conversion result value cannot be expressed by an 8-bit integer with dithering.
When gradation with banding is generated, use dithering and the problem may be remediated.


Rendering intent/Use BPC algorithm
Choose a method of gamut mapping in the convert between the color space of an image and PCS (Lab or XYZ space).


* history.en.html

Version 0.5.7
* Support dithering in "Separate", "Convert colorspace" and "Apply abstract profile"
* separate : Remove a build option which changes "Separate" dialogue by full (pseudo-composite) or light (grayscale)
* separate : Disable "No profiles" option when "Use devicelink profile" is turned on
* separate : Correct reversely placed buttons in the "Export" dialog
* separate : Correct a problem that vertical stretching of "Export" dialogue gives unnecessary space
* icc_colorspace : Enable assignments for Rendering intent at "Apply abstract profile"
* icc_colorspace : Correct a problem that the converting is affected by an area selected

* UI : Make each dialog support Alternative button order
* UI : Set accelerator key at labels on the dialogs
* UI : Configure dialogs as transient (As for X Window environment, plug-in dialogs are associated with document windows)
* IccButton : Consider the encoding of Description profile as the encoding of current locale if it is unknown (neither UTF-16BE nor UTF-8)
* Review arguments of procedures
* Replace sRGB profiles
Responder a #50150

リリースノート (2010-04-29 18:18 by muscovite #50336)

リリースノートの作業が終了しましたので、お送りいたします。

__________________________

Release Note (separate-plus - 0.5.7)
Major changes

* Enable to apply dithering processing for a color separation of the separate plug in, color space conversion of the icc_colorspace plug-in and the application of the abstract profile.
* Enable to specify the rendering intent when the application of the abstract profile.
* Fix a problem that a processing result is affected by the selected area at color space conversion of the icc_colorspace plug-in and the application of the abstract profile.
* Perform some adjustment and corrections in UI.

Notes
Limitations about the dithering processing

Because the dithering processing uses a function implemented in Little CMS 1.18 or later, there are the following limitations.

* When you build a plug-in with the 1.17 or earlier version of header file, check boxes in the dialog is disabled and dithering cannot be turned on.
* When you run the plug-in with runtime libraries of 1.17 or earlier, the effect is not provided even if dithering is set to use.

Such a half-finished specification is because of the unavoidable circumstances that Little CMS contains no API that identifies the version of runtime at run time.

Run from script plug-in

Note that the cord correction is required because the number and order of procedure arguments are changed.

The change of sRGB profile

Bundled sRGB profile and the profile included as srgb_profile.h have been sRGB Color Space Profile.icm by Hewlett-Packard until version 0.5.6. However, in 0.5.7, it was replaced with a different profile due to the licensing reason.

Because some specification of new profile is different, it may bring the difference of the result when you convert with "Absolute colorimetric" intent.
For the details, refer to ICC White Paper (PDF) (the bundled profile is compatible with Type 2 of v2 profile written in the second page of the PDF).
Responder a #50071