Download List

Sponsored link

Projeto Descrição

Simple, lightweight but featureful, and easy-to-use e-mail client. It provides intuitive user-interface and fast operation.

System Requirements

System requirement is not defined

Liberado: 2012-11-09 14:34
Sylpheed (source) 3.3 (1 files Esconder)

Release Notes

In this release, the interface for attachments and import / export feature was improved. The association of mailto link and eml file are automatically made on installation on Windows 7.
The libtiff library included in Windows version has been updated to fix an security issue.
Other improvements and bugfixes have been also made.

このリリースでは、添付ファイルのインタフェースが改良されました。インポート・エクスポート機能が改良されました。 Windows 7 でインストール時に mailto リンクと eml ファイルの関連付けを自動で行うようになりました。
また、 Windows 版に同梱されている libtiff ライブラリを更新し、セキュリティ問題が修正されました。
その他改良と不具合の修正が行われています。

Changelog

  • New features
    • The ability of opening external eml files was added.
    • Sylpheed now accepts mailto: and file: URL without command-line option.
      (sylpheed file:///path/to/file.eml)
    • Attached files can be opened from the attachment tool menu.
    • 'Export only selected messages' option was added to the message export dialog.
  • Improvements
    • The option to specify the position of the attach tool button was added.
    • The header labels on the header view now have tooltips.
    • Win32: mailto and .eml association are automatically set to default on Windows 7 on installation.
    • The sylpheed.desktop file was modified so that desktop shells can recognize Sylpheed as rfc822 and mailto handler.
    • Attached files are now placed first on the message view.
    • The attachment tool menu was moved to the left of the header view.
    • The option 'Toggle attachment list view with tab' and 'Show attached files first on message view' were added at 'Common preferences - Display - Attachment'.
    • The import/export of messages became cancellable.
    • config.rpath and install-sh script in the tarball were updated.
  • Other changes
    • The Japanese manual was updated.
  • Security fix
    • Win32: included libtiff library was updated to 3.9.7 (security fix).
  • Bugfixes
    • Some compilation fixes were made.
    • A minor memory leak related to tooltips was fixed.
    • The drag-without-button-press bug on IMAP folders was fixed (#93).
    • The sylpheed.spec file was fixed so that it builds on x86_64 platform, and also builds sylpheed-plugins package.
    • IMAP FETCH command response parser was fixed.
  • 新機能
    • 外部の eml ファイルが開けるようになりました。
    • コマンドラインオプションなしで mailto: と file: URL を指定できるようになりました。
      (sylpheed file:///path/to/file.eml)
    • 添付ファイルを添付ツールメニューから開けるようになりました。
    • メッセージエクスポートダイアログに「選択したメッセージのみをエクスポートする」オプションを追加しました。
  • 改良
    • 添付ツールボタンの位置を指定するオプションを追加しました。
    • ヘッダビューのヘッダラベルにツールチップを追加しました。
    • Win32: Windows 7 でインストール時に mailto と .eml の関連付けを自動で既定に設定するようにしました。
    • デスクトップシェルが Sylpheed を rfc822, mailto ハンドラとして認識できるように sylpheed.desktop ファイルを修正しました。
    • 添付ファイルをメッセージビューの最初に配置するようにしました。
    • 添付ツールメニューをヘッダビューの左に移動しました。
    • 「添付リストビューをタブで切り替える」と「メッセージビューで添付ファイルを先に表示する」オプションを「全般の設定 - 表示 - 添付」に追加しました。
    • メッセージのインポート・エクスポート処理がキャンセルできるようになりました。
    • tarball 内の config.rpath と install-sh スクリプトを更新しました。
  • その他変更
    • 日本語マニュアルを更新しました。
  • セキュリティ修正
    • Win32: 同梱している libtiff ライブラリを 3.9.7 に更新しました(セキュリティ修正)。
  • バグ修正
    • 一部の環境でコンパイルの問題を修正しました。
    • ツールチップ関連の細かなメモリリークを修正しました。
    • IMAP フォルダでボタンを離しているにも関わらずドラッグ状態になる不具合を修正しました (#93)。
    • x86_64 プラットフォームでビルドできるように sylpheed.spec ファイルを修正しました。
    • IMAP FETCH コマンドの応答パーサを修正しました。