Frequently used words (click to add to your profile)

javac++androidlinuxc#objective-cqt誰得windowscocoapythonphprubygameguibathyscaphec翻訳omegat計画中(planning stage)frameworktwittertestdomvb.netdirectxbtronarduinopreviewerゲームエンジン

最近の作業部屋活動履歴

2022-03-25
2019-03-04
2019-03-02
2019-03-01

最近のWikiの更新 (Recent Changes)

2019-03-04
2019-03-02
2019-03-01

Wikiガイド(Guide)

サイドバー (Side Bar)

MovieClip

継承元

対応プラットフォーム

  • Android
  • iOS
  • macOS
  • Windows

この版数より利用可能: Gideros 2011.6

説明

MovieClip クラスは次のクラスから継承します: SpriteEventDispatcher です。

MovieClip クラスは静的タイムラインによるアニメーションを作成します。引数 timeline には配列を指定します。

各配列の要素は、タイムラインの要素と開始フレーム、終了フレーム、スプライトおよびオプション扱いの tweening (中間フレーム) 引数から構成されています。フレーム番号は 1 から開始されます。

MovieClip オブジェクトの再生が完了した (最終フレームへ到達するかフレームに対して停止アクションが行われた) ときに Event.COMPLETE イベントが送信されます

次のプロパティを中間フレーム (inbeTween frames) として扱うことができます:

  • x
  • y
  • rotation
  • scale
  • scaleX
  • scaleY
  • alpha

また、 MovieClip の使用方法として中間フレームのプロパティに関数を設定すると、オーバライド(上書き)されたオブジェクトの関数を設定することになります。よって、新しい引数を追加して扱えるため、新しい引数でも中間フレームを扱えるようになります。

次のプロパティを中間フレームで使用できます:

  • inBack
  • outBack
  • inOutBack
  • inBounce
  • outBounce
  • inOutBounce
  • inCircular
  • outCircular
  • inOutCircular
  • inCubic
  • outCubic
  • inOutCubic
  • inElastic
  • outElastic
  • inOutElastic
  • inExponential
  • outExponential
  • inOutExponential
  • linear
  • inQuadratic
  • outQuadratic
  • inOutQuadratic
  • inQuartic
  • outQuartic
  • inOutQuartic
  • inQuintic
  • outQuintic
  • inOutQuintic
  • inSine
  • outSine
  • inOutSine

次の用例では MovieClip クラスの使用方法を示します。

一般的な用法と用例

  1. -- 0 から 200 まで線形スプライトの中間フレームがX座標ならば 100 フレームのアニメーションを作成します。
  2. local mc = MovieClip.new{
  3. {1, 100, sprite, {x = {0, 200, "linear"}}}
  4. }
  5. -- スプライトのX座標が50であり inBounce 関数を使用することでスプライトの
  6. -- 中間フレームにおけるY座標が 50 から 100 である 100 フレームのアニメーションを作成します。
  7. local mc = MovieClip.new{
  8. {1, 100, sprite, {x = 50, y = {50, 150, "inBounce"}}}
  9. }
  10. -- 異なる中間フレームを有する sprite1 と sprite2 から成る 200 フレームの
  11. -- アニメーションを作成します。 sprite1 はフレームごとに [1, 150] の間に可視状態となり、
  12. -- sprite2 はフレームごとに [100, 200] の間に可視状態となります。
  13. local mc = MovieClip.new{
  14. {1, 100, sprite1, {x = {0, 200, "linear"}}},
  15. {50, 150, sprite1, {y = {0, 100, "linear"}, alpha = {0, 1, "easeOut"}}},
  16. {100, 200, sprite2, {x = {0, 200, "linear"}}},
  17. }
  18. -- フレームごとに異なるスプライトにおいて 6 フレームのループ再生アニメーションを作成します。
  19. local mc = MovieClip.new{
  20. {1, 1, frame1},
  21. {2, 2, frame2},
  22. {3, 3, frame3},
  23. {4, 4, frame4},
  24. {5, 5, frame5},
  25. {6, 6, frame6},
  26. }
  27. mc:setGotoAction(6, 1) -- アニメーションが 6 フレーム目に到達したならば 1 フレーム目へ移動します。
  28. -- 前述の用例より五倍遅くループ再生を行う 6 フレームのアニメーションを作成します。
  29. local mc = MovieClip.new{
  30. {1, 5, frame1},
  31. {5, 10, frame2},
  32. {11, 15, frame3},
  33. {16, 20, frame4},
  34. {21, 25, frame5},
  35. {26, 30, frame6},
  36. }
  37. mc:setGotoAction(30, 1) -- アニメーションが 30 フレーム目に到達したならば 1 フレーム目へ移動します。

メソッド、イベントおよびプロパティ

メソッド イベント
MovieClip.new Event.COMPLETE
MovieClip:clearAction
MovieClip:getFrame
MovieClip:gotoAndPlay
MovieClip:gotoAndStop
MovieClip:play
MovieClip:setGotoAction
MovieClip:setReverseAction
MovieClip:setStopAction
MovieClip:stop
 
継承元のメソッド 継承元のプロパティ
EventDispatcher.new Sprite.ADD
EventDispatcher:addEventListener Sprite.ALPHA
EventDispatcher:dispatchEvent Sprite.MULTIPLY
EventDispatcher:hasEventListener Sprite.NO_ALPHA
EventDispatcher:removeAllListeners Sprite.SCREEN
EventDispatcher:removeEventListener
Sprite.new
Sprite:addChild
Sprite:addChildAt
Sprite:clearBlendMode
Sprite:contains
Sprite:get
Sprite:getAlpha
Sprite:getAnchorPosition
Sprite:getBounds
Sprite:getChildAt
Sprite:getChildIndex
Sprite:getClip
Sprite:getColorTransform
Sprite:getHeight
Sprite:getMatrix
Sprite:getNumChildren
Sprite:getParent
Sprite:getPosition
Sprite:getRotation
Sprite:getRotationX
Sprite:getRotationY
Sprite:getScale
Sprite:getScaleX
Sprite:getScaleY
Sprite:getScaleZ
Sprite:getSkew
Sprite:getSkewX
Sprite:getSkewY
Sprite:getWidth
Sprite:getX
Sprite:getY
Sprite:getZ
Sprite:globalToLocal
Sprite:hitTestPoint
Sprite:isVisible
Sprite:localToGlobal
Sprite:removeChild
Sprite:removeChildAt
Sprite:removeFromParent
Sprite:set
Sprite:setAlpha
Sprite:setAnchorPosition
Sprite:setBlendMode
Sprite:setClip
Sprite:setColorTransform
Sprite:setMatrix
Sprite:setPosition
Sprite:setRotation
Sprite:setRotationX
Sprite:setRotationY
Sprite:setScale
Sprite:setScaleX
Sprite:setScaleY
Sprite:setScaleZ
Sprite:setShader
Sprite:setShaderConstant
Sprite:setSkew
Sprite:setSkewX
Sprite:setSkewY
Sprite:setStencilOperation
Sprite:setVisible
Sprite:setX
Sprite:setY
Sprite:setZ
Sprite:swapChildren
Sprite:swapChildrenAt
Object:getBaseClass
Object:getClass
Object:isInstanceOf
 
継承元のイベント
Event.APPLICATION_BACKGROUND
Event.APPLICATION_EXIT
Event.APPLICATION_FOREGROUND
Event.APPLICATION_RESIZE
Event.APPLICATION_RESUME
Event.APPLICATION_START
Event.APPLICATION_SUSPEND
Event.MEMORY_WARNING
Event.OPEN_URL
Event.ADDED_TO_STAGE
Event.ENTER_FRAME
Event.KEY_DOWN
Event.KEY_UP
Event.LAYOUT_RESIZED
Event.MOUSE_DOWN
Event.MOUSE_HOVER
Event.MOUSE_MOVE
Event.MOUSE_UP
Event.MOUSE_WHEEL
Event.REMOVED_FROM_STAGE
Event.TOUCHES_BEGIN
Event.TOUCHES_CANCEL
Event.TOUCHES_END
Event.TOUCHES_MOVE

Copyright(C)GiderosMobile.com / Japanese translation by. isVowel

利用条件は Gideros のライセンスに従うものとします。