Frequently used words (click to add to your profile)

javaandroidc++linuxc#objective-ccocoa誰得qtrubypythonbathyscaphephpgamewindowsguic翻訳omegattwitterframeworktestbtronarduinovb.net計画中(planning stage)directxpreviewerゲームエンジンdom

最近の作業部屋活動履歴

2020-02-26
2020-02-10
2020-02-09
2019-12-30

最近のWikiの更新 (Recent Changes)

2020-02-26
2020-02-10
2019-12-30
2019-04-30
2019-04-02

Wikiガイド(Guide)

サイドバー (Side Bar)

トップへ戻る

Base16kエンコーダ/デコーダ

概要

文字列にバイナリを埋め込む方法としてbase64が良く使われていますが、 バイナリを埋め込んだ文字列の 転送/格納にUTF16を使用する場合、 base64文字列をUTF16で扱うことになるため、上位ビットが常に0になり、 転送/格納効率が非常に悪くなります。 UTF16の場合は、base64のようにアルファベットや数字を使うよりも、 より多くの種類がある漢字を使った方が 効率が良くなるはずです。というわけで、 既存技術を探してみたところ、 base16kというものが見つかりました。 base64では半角アルファベットや数字等、64種類の文字を使用するに対し、 base16kでは、Unicodeのうち、U+5000 - U+8fff の範囲にある、16384種類の文字を使用します。 この領域はCJK統合漢字と呼ばれるようで、みっちり漢字が詰まってます。 base16kエンコーダ/デコーダのサンプルプログラムを作ってみました。 boostライセンスとして公開します。

ライセンス:Boostライセンス

ダウンロード

トップへ戻る