Download List

Sponsored link

Projeto Descrição

TERASOLUNA Framework is NTT DATA’s framework with high credibility and has a large number of proven track records. Based on de-facto standard technologies in the system development field, TERASOLUNA is used in hundreds of projects in NTT DATA to achieve the high quality and productivity in a system development.


System Requirements

System requirement is not defined

Liberado: 2014-03-31 14:03
Server Framework for Java RICH 2.0.5.1 (6 files Esconder)

Release Notes

■TERASOLUNA Server Framework for Java(Rich版)

TERASOLUNA Server Framework for Java(Rich版)とは、リッチクライアントアプリケーション開発に必要な機能を備えた汎用フレームワークです。
オープンソースのJavaアプリケーション向けフレームワークであるSpring Frameworkをベースにしています。


以下ダウンロード可能なファイルです。

* フレームワーク本体(terasoluna-server4jrich-projects_x.x.x.x.zip)
o Eclipseプロジェクトとして提供します。
o 単体試験コードも付属しています。

* ブランクプロジェクト(terasoluna-server4jrich-blank_x.x.x.x.zip)
o アプリケーションの元となるブランクプロジェクトです。

* サンプルアプリケーション
o チュートリアル(terasoluna-server4jrich-tutorial_x.x.x.x.zip)
+ チュートリアルの完成版アプリケーションです。数画面の簡易的なサンプルで簡単に動作確認を行えます。
warファイル化することで、非WTP環境下でも簡単に動作確認を行えます。
o 機能網羅サンプル(terasoluna-server4jrich-funcsample_x.x.x.x.zip)
+ 各機能の実装に重点を置いたサンプルです。

* ドキュメント(terasoluna-server4jrich-doc_x.x.x.x.zip)
o アーキテクチャ説明書
+ フレームワークの内部アーキテクチャおよび提供する各機能の説明資料です。
o 機能説明書
+ フレームワークが提供する各機能ごとの動作、設定方法の説明資料です。
o チュートリアル
+ 環境設定から各機能の利用までをチュートリアル形式で解説した資料です。
o 環境設定手順書
+ フレームワーク動作に必要な環境設定を解説した資料です。

* 上記全部を含んだアーカイブ(terasoluna-server4jrich-all_x.x.x.x.zip)

Changelog

リリースノート(変更履歴)

■TERASOLUNA Server Freamework forJava(Rich版)
ver2.0.5.0からver2.0.5.1への変更履歴

Java 7 での動作検証を行いました。

▼ソースコード・設定ファイル
 以下の問題に対する修正を実施
# XXE脆弱性に対する変更
# 「RB-01 リクエストデータ解析機能」におけるXXE及びXML Bomb脆弱性対応するため、
# 入力XML電文中のDTD(DOCTYPE)をデフォルトで禁止とする機能を追加。

▼ライブラリ
# aspectjweaverをver1.6.12から1.7.4へバージョンアップ
# 重複情報が排除できず、コレクションが肥大化してしまう問題があるため、
# 問題が解決されている最新のバージョンに変更。

# commons-fileuploadをver1.2からver1.3.1へバージョンアップ
# マルチパートリクエスト処理に脆弱性があるため、最新のバージョンに変更。
# さらに、terasoluna-ContentTypeLengthLimitFilter-1.0.0.jarを追加し、
# 電文のboundaryサイズをフィルタできるよう変更。

▼ドキュメント
# MyBatisのURLを修正
# hankakuStringにおけるチェック対象を明確化