Download List

Sponsored link

Projeto Descrição

aria2 は、ファイルを高速にダウンロードできる軽量なユーティリティです。 コマンドラインインターフェースなので、wget や curl によく似ていますが、BitTorrent もサポートしています。HTTP(S)/FTP/ BitTorrent (DHT, PEX, MSE/PE) /Metalink をサポートしてます。

aria2 に似たアプリケーションはいくつか存在しますが、以下の 2 点 において aria2 は差別化されます: (1) 複数のソース (http/ftp そして BitTorrent) からダウンロードで きる。 (2) aria2 に URL のリストを与えた場合、それらを一つ一つ逐次的にダウンロー ドするのではなく、複数並列でダウンロードすることができます。一つ ずつダウンロードを待つ必要はないのです。これにより aria2 は与え られた帯域をめいいっぱい使用して高速なダウンロードを実現します。

ファイルをHTTP(S)/FTPとBitTorrentの両方から同時にダウンロードする機能を持っています。HTTP(S)/FTPからダウンロードしたデータは、BitTorrentネットワークにアップロードされます.

信頼性 という意味でもっともすぐれたHTTP(S)/FTPダウンロードユーティリティ です。なぜなら、Metalink のチャンクチェックサムをサポートしており、 BitTorrentのようにダウンロードした部分部分のチェックサムを照合す る機能をもつからです。チェックサムが違っていればその部分だけダウ ンロードすればよいのです。従来のようなファイルをすべてダウンロード してからチェックサムをとり、間違っていれば全部ダウンロードしなおすことと較べてください。 その差はファイルサイズが大きくなるにつれて明らかです。

System Requirements

System requirement is not defined

Liberado: 2014-03-24 01:40
aria2 aria2-1.18.4 (6 files Esconder)

Release Notes

This release adds new RPC authorization mechanism using --rpc-secret option. The existing --rpc-user and --rpc-passwd options are now deprecated, and all applications using RPC API is strongly encouraged to migrate to the new mechanism. See RPC INTERFACE section in aria2 manual page for the details. The new RPC method, aria2.saveSession, was added, which tells aria2 server to save session file immediately. There are several enhancements and bug fixes. See the changes for the details.

Changelog

* Added support for RPC channel encryption in aria2rpc

Patch from David Macek

* Add aria2.saveSession RPC method

This method saves the current session to a file specified by
--save-session option. This method returns "OK" if it succeeds.

* Add numStoppedTotal key to aria2.getGlobalStat() RPC method response

It shows the number of stopped downloads in the current session and
not capped by --max-download-result option. On the other hand, the
existing numStopped key also shows the number of stopped downloads,
but it is capped by --max-download-result option.

* Better handling of 30x HTTP status codes

Reference: http://greenbytes.de/tech/tc/httpredirects/

* Implement new RPC authorization using --rpc-secret option

Add future deprecation warning to --rpc-user and --rpc-passwd. Warn
if neither --rpc-secret nor a combination of --rpc-user/rpc-passwd
is set.

* Add --enable-color option to enable/disable terminal color output

* Add DSCP support

* gnutls: Don't fail handshake if returned error is not fatal

* Add workaround GnuTLS bug with OCSP status extension and
non-blocking socket

GnuTLS version 3.1.3 - 3.1.18 and 3.2.0 - 3.2.8, inclusive, has this
bug. For these versions, we disable OCSP status extension.

* Make GnuTLS log level dependent on the aria2 ones